調査研究・インシデント管理委員会からのお願い

協議会加盟施設における軽微なものでもインシデントの報告を協力いただけるようにお願いします。

尚、mimsが導入されている施設は、mimsをご活用いただくようにお願いします。

mimsを導入されていない施設向けインシデント・アクシデントチェックシートはこちらからダウンロードできます。

カテゴリー: 閲覧制限 | 調査研究・インシデント管理委員会からのお願い はコメントを受け付けていません。

平成29年度 全国児童福祉主管課長会議 資料

平成29年度全国児童福祉主管課長会議が3月に開催され、このたび資料が公表されました。

▼厚生労働省<全国児童福祉主管課長会議>資料URL
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000199287.html

30年課長会議病児保育関連抜粋

カテゴリー: 閲覧制限 | 平成29年度 全国児童福祉主管課長会議 資料 はコメントを受け付けていません。

「インシデント管理システム(mims)のパソコンやOSを更新する場合の手順について」

インシデント管理システム(mims)のパソコンやOSを更新する場合の手順について、下記のファイルでご説明いたします。

MIMS_パソコンやOSを更新するとき_R2

カテゴリー: 閲覧制限 | 「インシデント管理システム(mims)のパソコンやOSを更新する場合の手順について」 はコメントを受け付けていません。

厚生労働省『病児保育事業 取組事例集』

病児保育事例集

カテゴリー: 閲覧制限 | 厚生労働省『病児保育事業 取組事例集』 はコメントを受け付けていません。

職員処遇改善に関するお知らせ

厚労省は病児保育事業の健全経営化を図るために平成30年度より病児対応型、病後児対応型への基本分2,417,000円の増額(改善分に相当する額と考えられる)の予算化する方針です。しかしながら従来から要望している病児保育施設勤務保育士に対する保育所勤務保育士並みの待遇改善は見送られるようです。(第32回子ども子育て会議 11月7日)
そこで各施設は個別に所在地の県及び市町村等地方自治体に待遇改善に関する要望書を提出することをお勧めします。実際自治体によっては保育所勤務保育士に対する待遇改善策の一部あるいは相当部分を病児保育施設保育士に適用していることもあります。

例文
   年   月   日
****県(*******市、長、村)病児保育担当部署殿

病児保育勤務保育士処遇改善の件  
待機児童解消のために保育所の増設が行われ、それに従い保育士確保のための待遇改善策がとられています、しかしながらこの対象には病児保育に勤務する保育士は含まれておりません。その結果全国の病児保育施設で保育士の確保ができず、さらに転職する保育士も出てきております。本施設******でも保育士の確保が困難となってきております。健全な病児保育の運営のために保育所勤務保育士並みの待遇改善策を*****県、********市、区、町としても採用されますようお願いいたします。
即ち平成29年4月27日に内閣府・文科省・厚労省から通知された「施設型給付費等に係る処遇改善等加算」及び保育士宿舎借り上げ補助制度、月給上乗せ補助金、保育補助者雇上げ支援制度等多くの待遇改善制度の病児保育勤務保育士への適応を早急に行うようお願いいたします。

施設名
施設長名

カテゴリー: 閲覧制限 | 職員処遇改善に関するお知らせ はコメントを受け付けていません。

感染症ガイドライン(第4版)

平成29年7月1日発行の感染症ガイドライン(第4版)です。
下記、URLから電子書籍でもご覧いただけます。
また、印刷用のPDFに関しては、著作権を守るため、協議会マークを入れさせていただきました。
ご了承ください。

感染症ガイドライン(第4版)

カテゴリー: 閲覧制限 | 感染症ガイドライン(第4版) はコメントを受け付けていません。

平成28年度実績調査結果

平成28年度実績調査結果解析および考察も含めた論文として協議会機関誌「病児保育研究9号 (平成30年7月発刊予定)」に掲載予定です。
平成28年度実績調査結果

カテゴリー: 閲覧制限 | 平成28年度実績調査結果 はコメントを受け付けていません。

平成29年度 「子ども・子育て支援交付金の交付について」の一部改正について

平成29年度の厚生労働省資料 「子ども・子育て支援交付金」の変更点の資料です。下記のからご覧ください

2017子ども・子育て支援交付金

カテゴリー: 閲覧制限 | 平成29年度 「子ども・子育て支援交付金の交付について」の一部改正について はコメントを受け付けていません。

子ども・子育て支援交付金についての情報提供

1 病児対応型
(2)加算分
 ア 年間延べ利用児童数に応じた加算 504,000~21,902,000円
 イ 送迎対応を行う看護師等雇上費1か所あたり年額 5,400,000円
 ウ 送迎経費 1か所あたり年額 3,600,000円
 エ 研修会参加費用 職員1人当たり年額 10,000円

平成28年度子ども・子育て支援交付金の交付について(PDF)

また、4月通知では、送迎については下記。
(5)送迎対応
① 職員の配置
保育所等から体調不良児の送迎を行う際は、送迎用の自動車に同乗す
る看護師等又は保育士を配置すること。
② その他
ア 保育所等から体調不良児の送迎を行う際には、送迎用の自動車に看
護師又は保育士が同乗し、安全面に十分配慮した上で実施すること。
イ 送迎はタクシーによる送迎を原則とする。ただし、やむを得ない事
由によりタクシーによる送迎対応が困難な場合には、その他自動車の
借上げ等による実施も可能とする。

「病児保育事業の実施について」の一部改正について(PDF)
(2016年度 病児保育事業実施要綱)

カテゴリー: 閲覧制限 | 子ども・子育て支援交付金についての情報提供 はコメントを受け付けていません。

病児保育専門士 資格更新について

(一社)病児保育協議会認定 「病児保育専門士」(保育士)(看護師)
資格更新制度 

(一社)全国病児保育協議会認定「病児保育専門士」(保育士)(看護師)[以下、「病児保育専門士」]資格更新について、下記のように定める。

1.認定証の有効期間は、認定日より5年間とする。
2.認定更新申請の受付は、該当年の3月1日~5月31日までとする。
3.更新申請には以下の書類を必要とし、更新申請者(該当者)は必要な書類の送付手続きを資格認定委員会事務局に依頼する。
1)全国病児保育協議会認定 「病児保育専門士」資格更新申請書(所定の様式)
2)履歴書(所定の様式)
3)活動報告書:5年間の保育看護活動の概要等を記載する(所定の様式)
4)業績取得単位100単位以上(所定の様式)
4.更新申請には、5年間の間に100単位以上の業績単位を取得する必要がある。取得単位については、それを証明するものを必ず添付する。
5.資格更新審査料は5,000円、認定更新料は10,000円とする。
6.やむを得ない理由で、規定の資格更新申請を行うことができない場合には、あらかじめ、資格認定委員会に届出る。その際には、3年間を限度として申請の延期をすることができる。延期中の期間は、その資格を停止する。
7.次の場合には、全国病児保育協議会認定 「病児保育専門士」の資格を喪失する
1)有効期間を過ぎて資格が更新されなかったとき
2)本人が資格を辞退したとき
3)全国病児保育協議会の加盟資格を喪失したとき
4)全国病児保育協議会認定 「病児保育専門士」としてふさわしくないと判断されたとき
8.申請書類に虚偽が認められたとき、および全国病児保育協議会認定 「病児保育専門士」としてふさわしくない事実が判明したときは、資格認定委員会および理事会の議決により、資格の取り消し等が行われる
9.申請事項に次の変更があった場合には、速やかに資格認定委員会事務局に届け出る。
1)姓名の変更
2)住所の変更
3)勤務先の変更 .
10.提出された申請書類、既納の審査料、更新料の返却は行わない
11.資格更新に関わる連絡・問い合わせは、以下にFAXで行う。

資格認定委員会事務局
〒 860-0056
熊本市西区新土河原2丁目8-34 みるく病児保育室内
        「(一社)全国病児保育協議会 認定病児保育専門士」
資格認定委員会事務局
       FAX  096-351-8830
問い合わせの際は、受講番号、氏名、連絡先(FAX,メールなど)を明記すること。
業績単位に関する条件
1.全国病児保育協議会全国研究大会:(1回必須)25単位以上
2・全国病児保育協議会支部及びブロック研修会: 20単位以上
3.専門領域別の学会・研修会:20単位以上
4.関連学会における発表あるいは、執筆業績:10単位以上
5.なおかつ、5年間に獲得した総単位が100単位以上であること
6.認定更新に関わる学会が追加された場合には、さかのぼって業績単位として認める

※発表・執筆、講義・講演等については、証明できるものを添付する
※専門領域別の学会とは、「医療」「看護」「保育」に関するものであり、なお且つ開催時間が4時間以上のものとする。

附則
1・申請書・推薦書・履歴書に不備または、虚偽の申請があった場合は、資格を喪失する。
2・産前産後休暇・育児休暇・介護休暇を取得した者は、その期間において、更新を猶予する。(その場合は、産前産後休暇・育休休暇・介護休暇を証明する書類を提出することとする。書式は自由)
3・疾病等で、長期休職する者は、その期間において、更新を猶予する。     (その場合は、診断書を提出することとする。)
業績単位の詳細表
番号 業績 単位(1回あたり)
① 全国病児保育協議会全国研究大会(1回必須) 25
② 全国病児保育協議会支部及びブロック研修会
研修委員会が開催する「ステップアップ研修」 10
③ 専門領域別の学会・全国研修会等への参加 10
④ 各種専門関連学会等における教育講演演者・ジンポ
ジストの演者 10
⑤ 演題発表(口演発表・ポスター発表)の筆頭演者 10
⑥ 演題発表(口演発表・ポスター発表)の共同演者 5
⑦ 機関誌「病児保育研究」、並びに専門関連学会機
誌への原著・総説・報告論文の筆頭著者 20
⑧  機関誌「病児保育研究」、並びに専門関連学会機関
誌への報告論文等の共同著者 5
⑨ 商業専門誌への原著・総説・報告論文の筆頭著者 15
⑩ 商業専門誌への報告論文の共同著者 5
⑪ 専門書籍への分担執筆等 10
⑫ 大学、保育専門学校、施設等での講義・保育園・子
育て支援センター等での講演 10
⑬ その他、資格認定委員会が認めたもの 5

カテゴリー: 閲覧制限 | 病児保育専門士 資格更新について はコメントを受け付けていません。

このページの先頭へ



RSS

全国病児保育協議会 事務局

〒160-8306
東京都新宿区西新宿5-25-11-2F
日本小児医事出版社内
全国病児保育協議会事務局
TEL:03-5388-5513
FAX:03-5388-5193